リターナブルびん:一升びん、牛乳びん、ビールびんに代表される「びん」で、 保証金制度があるビー
 ルびんは99%、一升びんは88%が回収され再使用(回収、洗浄、充填、出荷)されている。
  リターナブルびんに関しては、包装容器リサイクル法の施行とは関係なく実施されてきた歴史的背
 景があります。
 物資の乏しかった戦前、戦後のガラスびんは貴重品で、この時代はびんとしての機能が満たされて
 いれば充分で、現在のように商品の数だけびんの種類があるような時代ではありませんでした。

  ビールびんもアルミ缶が、一升びん、牛乳びんも紙パックに、びんメーカとしも軽くて丈夫な商品開
 発に努力していますが、時流には逆らえないジレンマを感じているところです。
  しかし、日本酒や焼酎も既に紙パックやペットボトルもありますが「やはり一升びんでしょ
う」、品質保持、意匠での差別化、高級感など本物志向が姿を消すことはありませんので、完全に取
って代わることはないでしょう。


ワンウェイびん:前述で商品の数だけガラスびんの種類があると申し上げました が、市場においては
ワンウェイ化がどんどん進み、それにつけ色ガラスやクリスタルガラスなど分別回収の徹底は容易で
はありません。
ワンウェイびんは分別回収され、カレットとしてガラスの原料になりますが、カレットになる前の分別
は自治体によりバラツキがあり、再商品化の品質保持に大きく影響します。
現状のカレットの品質をバージン原料と同等の品質に引き上げるには、自治体における分別基準
の徹底に期待するしかないですが、それには人、設備に税金を投入することになります。


リサイクル法の趣旨は、ごみ問題を解決し、限りある資源に対する配慮、カレット使用によりCO2の
削減により地球温暖化を防止することに繋がるということですから、消費者レベルで分別基準が周知
徹底されることが、国民の血税が使われないで済むということになります。

(容器包装リサイクル法が施行により)
平成9年に容器包装リサイクル法が施行され、国民の意識も高まり、市区町村の分別収集の取組
も平成14年には、2,795市区町村(86%強)が実施している。
平成9年の施行時は67.4%の利用率ですから、平成14年のカレットの利用率83.3%の数字をみると
大幅に上昇した感があるが、利用量で見ると横ばいからやや下降気味である。

それには、下記グラフが示すとおり、ガラスびんの生産量が毎年下降線を辿っているため、率として
は上昇しているのが分かります。


製びんのカレット使用率が平成14年は83.3%ですから、原材料のソーダ灰、石灰、珪酸から作ら
れる「びん」は16.7%と云うことになります。
83.3%のカレットの内訳は、市中回収のカレットと、製びん工場で発生したカレットがあり、品質管理
の厳しい日本においては、検査工程で不良品として除去されカレット化したものが28%になるとのこ
と、一方フランスにおけるカレット使用率は92%で、市中回収カレットは84%、工場内カレット発生率
はわずか9%ですから、いかに日本が品質にこだわるかが分かると同時に工場内で発生するカレット
は(28%)、作っては壊し
作っては壊しを繰り返し
 ているようで、「限りある
 資源を大切に」の精神と
 は少し反れているようで、
 もう少し製品に対しても、
 容認の範囲が広がれば
 と期待するところです。
 
平成15年度における容器包装廃棄物の分別収集量、 再商品化量と率
環境省調査資料参考
品目名 分別収集量 再商品化量 再商品化率
年間分別収集 年間分別 年間
計画量 収集量 再商品化量 年間
(ト ン) (トン) (トン) (%)
無色のガラス製容器 431,395 356,977 345,208 96.7
(1.02倍) (1.02倍)
茶色のガラス製容器 372,004 309,857 297,510 96.0
(1.02倍) (1.01倍)
その他の色のガラス製容器 197,500 165,011 157,217 95.3
(1.01倍) (1.00倍)
紙製容器包装 147,590 76,878 69,508 90.4
(1.33倍) (1.28倍)
ペットボトル 214,209 211,753 204,993 96.8
(1.13倍) (1.12倍)
プラスチック製容器包装 486,585 401,697 384,865 95.8
(1.42倍) (1.43倍)
うち白色トレイ 10,214 4,217 3,993 94.7
(1.19倍) (1.23倍)
スチール缶 507,815 393,650 387,875 98.5
(0.94倍) (0.93倍)
アルミ缶 170,742 139,321 137,055 98.4
(0.96倍) (0.95倍)
段ボール 641,117 554,309 538,043 97.1
(1.10倍) (1.08倍)
紙パック 24,911 16,636 15,742 94.6
(1.06倍) (1.03倍)
合 計 3,193,868 2,626,089 2,538,016 96.6
(1.08倍) (1.07倍)
※ 括弧内の数字は、前年度比
容器包装廃棄物の分別収集量に対する、再商品化量と率(平成15年度)

 
Copyright(C) 2004 MARUEI Company All Rights Reserved.