ガラスの誕生は、紀元前数千年までさかのぼるといわれる。
メソポタミヤかエジプトの船乗りが砂浜で焚き火をしていて、たまたまそばにあった岩塩で潮風を遮るため壁を作ったところ、岩塩が焚き火の熱で溶け、砂と反応しガラスらしきものが出来たと云われています。
悠久のときを経て、用途に合わせて様々なガラスの製法が開発され、私たちの身近な存在で欠かせないものになっています。

ガラスの種類 原 料 特 徴 用 途
ソーダ石灰ガラス 珪酸
ソーダ灰
石灰
・軽くて硬い
・安価で丈夫
・コップ・ビン・板ガ
ラスなど
鉛クリスタルガラス 珪酸
炭酸カリウム
酸化鉛
・軟らかく重い
・屈折率が高い
・透明度が高い
・鉛を多く含む、一般的にクリスタルグラス
といえば鉛クリスタルガラスです。
・鉛の割合が多いほど繊細で輝きが増しま
すが、傷がつきやすくなります。
・高級香水瓶・高級
食器・ワイングラス・
切子など
硼珪酸ガラス
(ほうけいさん)
珪 酸
硼酸
ソーダ灰
・耐熱性のあるホ ウ素を加えることで熱に
 強くなります。
・バイアル瓶・アン
 プル・試験管など
カリクリスタルガラス 珪酸
炭酸カリウム
石灰
・軽くて硬い
・傷がつきにくい
・成分にカリウムを多く含むガラス。
メガネのレンズ・ ボ
ヘミアグラスなど
石英ガラス 石英
・透明度が高い。
・熱に強い
・薬品に侵されにくい
・ガラスの主成分である珪素が100%
 近いもの。
・望遠鏡・光学機器
・光ファイバーなど
カレット 生産過程で不良品として除去されたビンや、リサイクルで回収されたビンを砕いたモノを「カレット」 といいガラスの原料となります。 ・けい砂、石灰、ソーダ灰等天然の資源を 
 節約できます。
・原料を溶解する時間を短縮できます。
・熱エネルギーの節約につながります。
・化学分解で発生するCO2の減少により地
 球温暖化ガスの排出削減につながります。
珪酸(けいさん) 珪素(Si)と酸素(O)の化合物(SiO4)ガラスの主原 料、珪石が細かくなった珪砂に
含まれる。
ソーダ灰 ガラスの主原料である珪石、珪砂を溶けやすくする。
石灰 ガラスに化学的耐久性をもたせる。
炭酸カリウム ソーダ灰と同様珪石、珪砂を溶けやすくする。
酸化鉛 ガラスの屈折率を大きくし、透明感を高める。
硼酸(ほうさん) ガラスの膨張率を下げて、耐熱性を高める。
石英 「石英」とは、二酸化珪素の特定の結晶型を指す語ですが、二酸化珪素全般を意味す ることもあります。「シリカ」は二酸化珪素の総称です。「水晶」は石英の俗称ですが厳密な定義はなく、宝飾用に使われるものに限定されることもあります。 紫水晶と紅水晶は、それぞれ第二鉄とチタンを微量に含有する結晶です。「珪石」は工業的に用いられる珪素原料の総称で、石英結晶の含有率が高いペグマタイ トの白珪石もありますが、多くは水成岩などの混合物となっています。
Copyright(C) 2004 MARUEI Company All Rights Reserved.